相続手続きの相談窓口・湘南

About

Blog

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

尊厳死宣言公正証書

尊厳死宣言の内容

尊厳死宣言書」は法律で書き方が決まっているわけではありません。
現実に即して次の内容を盛り込む必要があります。


  書面の中で宣言することのできる内容

ア)  延命措置の停止
イ)  苦痛を和らげる処置は最大限利用
ウ)  植物状態での生命維持措置の停止


① 尊厳死の希望の意思表明
  延命治療を拒否して苦痛を和らげる最小限の治療以外の措置を控えてもらい、安らかな最期を迎えるようにして欲しいという希望を明示します。

②尊厳死を望む理由
  尊厳死を希望する理由を明示します。理由を記載することで、家族や医療関係者への説得力が増します。

③家族の同意
  宣言書を作っても、家族が反対したら、医師はそれを無視できません。
作成する前に家族と話し合い、同意を得た上で、その同意についても宣言書に記載することが大切になります。

④医療関係者に対する免責
  家族や医療関係者らが法的責任を問われることのないように、警察、検察等関係者の配慮を求める事項が必要になります。また、医療関係者に安心を与える意味では、刑事責任だけでなく民事責任も免責する記載をすることも必要といえます。

⑤ 宣言内容の効力
  この宣言書は、心身ともに健全なときに作成したことと、自分が宣言を破棄・撤回しない限り効力を持ち続けることを明確にしておきます。

エンディングノートが最近よく取り上げられるようになりましたが、エンディングノートでは不十分になってしまう可能性が高いので、尊厳死を望む場合は尊厳死宣言を検討する方がいらっしゃいます。

尊厳死宣言公正証書作成サポート

「疾病が現在の医学では不治の状態にあり、死期が迫っていると医師2人に診断された場合は、延命のみを目的とする措置は行わず、苦痛緩和措置を最優先に実施し、人間としての自然なかたちで尊厳を保って安らかに死を迎えることができることを望む」場合に、尊厳死宣言公正証書という公正証書を作成することです。

遺言書作成時に検討される方も多くなってきました。


尊厳死宣言公正証書作成サポート料金
   サポート内容   料金(税込)
1.相談・打合せ
2.尊厳死宣言案文作成
3.公証役場と打合せ
4.公正証書案文確認
5.公正証書作成
88,000
上記は税込み料金です。
別途、公証役場に支払う報酬をご負担いただきます。

お問い合せ



相談対応地域

横浜市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・寒川町川崎市・相模原市・横須賀市・大和市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市・伊勢原市・秦野市・平塚市・葉山町・二宮町・大磯町・小田原市・山北町・箱根町



電話: 050-3627-0098お問合せ専用小野瀬行政書士事務所
営業時間: 9:30~18:30(当サイトからのお問い合せは24h対応
休日: 水曜日
運営: 小野瀬行政書士事務所


電話:045-900-5341(Rworks株式会社
営業時間:9:30~18:30(メールのお問い合せは24h対応
休日:水曜日
運営:Rworks株式会社

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP